日新オートクレーブ
HOME | SITEMAP | KOREAN | ENGLISH | CHINESE
会社紹介
システム
プラント
研究/ 開発
顧客支援
  CEOのメッセージ  |   経営哲学   |   事業分野  |   沿革  |   組織図   |   認証   |   Ci& BI   |   訪ねてこられる道
 
System
オートクレーブ
高圧反応器
多目的反応器
特殊目的反応器
 水熱合成反応器
 重合反応器
 水素化反応器
 触媒反応器
 自然燃焼反応器
 回転反応器
 スペシャル反応器
Option & Accessoreis
攪拌機
圧力容器
超臨界システム
Press
超高圧分散機
圧力試験機
原子力発電装備
湿式ウォータージェット
 
Home> システム(System) > 高圧反応器> 特殊目的反応器 > 重合反応器 > 概要

高圧反応器(High Pressure Reactor)

特殊目的反応器 - 重合反応器 [概要]
  いんさつ
     概要   PMR 10   PMR 50   PMR 100   PMR 1000  
 
重合反応はモノマー同士が組み合わされて巨大高分子物質を生成する反応です。重合反応は高分子を生成する方法によって縮合、付加、共重合に分けられ、逆反応としては分解反応が挙げられます。 日新オートクレーブの水熱合成反応システムは色々な物質の水熱合成ができる装備で、ほとんどの粉末の合成が行われる300℃, 85 ㎏/㎠の条件で合成ができるように正確な温度と圧力を維持することができます。 装備の重要な部分である圧力容器はASME規格で設計、製作、認証され、またKGSとKOSHAの認証を通して安全に製作されます。
 
 
重合合成の分類
縮合重合
縮合重合とは、複数の化合物 が、互いの分子内から水 などの小分子を取り外しながら結合し、それらが連鎖的につながって高分子が生成することです。 例えば、ペプチド重合とエステル重合なとが挙げられます。
• 縮合重合で生成される代表的高分子: ポリアミド、ポリエステル、ウレタン、ベークライト
 
重付加(付加重合)
重付加は、大きく分けて活性水素をもつヘテロ原子の基が多重結合などに付加する水素移動型重付加とペリ環状反応で多重結合が付加する電子移動型重付加とがあります。 化学反応種による分類ではラジカル重合とイオン重合、イオン重合はカチオン重合とアニオン重合に分けられます。
• 重付加で生成される代表的高分子:ポリ塩化ビニル、ポリエチレン、ポリスチレンゴム
 
共重合
共重合とは、2種類以上のモノマーを用いて行う重合のことです。ブタジエン、スチレンなどを利用したゴム製品などが挙げられます。化学工業と繊維工業でよく使われます。
 
配位重合
配位重合とはチタンを含む触媒を用いる重合方法のことです。特に立体規則性高分子はほとんど配位重合で生成します
 
重合反応
 
重合反応の特徴
工業用で使われる重合方法はバルク重合、溶液重合、サスペンション重合(懸濁重合)、エマルジョン重合などがあります。 それぞれの特徴は以下に示します。
  長所 短所
バルク重合 工程が簡単で、純度の高い高分子を生成する。 重合反応熱の調節が難しい。 高い粘度。 - スチレンの連続重合
- Methacrylateの製造(casting)
- 塩化ビニールの連続バルク重合
懸濁重合 反応熱の分散が簡単で、重合溶液の粘度が高くない。粒状高分子が生成され、用途によってはそのまま使用することもできる 洗浄と乾燥が必要で、高分子の凝集が発生する可能性がある。添加剤による汚染で純度が低い。 - Polyvinyl acetateの接着剤
- Polypropylene, polybutadieneのゴム
溶液重合 反応熱の分散が簡単で、重合溶液の粘度が低い。溶液のまま直接使用することもできる 溶媒が高くて、溶媒の完璧な除去が難しい。 発泡ポリエチレンのbeads ,pvc粉末, ポリスチレン, PMMS
エマルジョン重合 反応熱の分散が簡単で、重合溶液の粘度が低い。粘着性高分子に適する。 乳化材と添加物で高分子の純度が低くなる。 - 塩化ビニール、酢酸ビニール、スチレンなどのモノマー
- 重合SBR, NBRなどの合成ゴム
  樹脂仕上げ材、コンクリート
 
日新オートクレーブの重合反応器の長所
安全性
• ASME(American Society of Mechanical Engineer)の圧力容器安全規定に従って設計・製作
• KGSとKOSHAの高圧容器安全規定に従って設計・製作
正確性
• 内外のヒータによる均一な温度の維持
• 完璧な内外の断熱による温度維持
• マルチ安全装置による圧力安全性
ユーザーに合わせたカスタマイズエンジニアリング
• 顧客の要求を満足させる色々なモデルと仕様の装備
• 多くの追加パーツを通して様々な目的の研究が可能
便利なメインテナンス
• 簡単な組立と分解、便利なクリーニング
• 顧客サービスチームの迅速な対応
 
製品モデル
重合反応器シリーズ
PMR 10 series (リンク)
PMR 50 series (リンク)
PMR 100 series (リンク)
PMR 1000 series즈 (リンク)
 
Quick Navigation Main Contents
日新オートクレーブ
CEOのメッセージ
事業分野
沿革
認証
Ci& BI (Brand Introduce)
Sitemap

研究/ 開発
企業附置研究所の紹介
研究活動
テスト工程
応用分析機器
SYSTEM
オートクレーブ
高圧反応器
攪拌機
圧力容器
超臨界システム
Press
超高圧分散機

圧力試験機
原子力発電装備
湿式ウォータージェット
プラント
超臨界プラント
化学&材料プラント
発電プラント
圧力容器プラント

顧客支援
カタログダウンロード
お問い合わせ
OEM製作相談
Global Network
恒温加圧オートクレーブ
複合材成形用オートクレーブ
コンクリート養生用 オートクレーブ
水熱合成反応器
重合反応器
水素化反応器
触媒反応器
自然燃焼反応器
回転反応器
産業用&大型圧力容器
ボルト結合圧力容器
キャップ結合圧力容器
プラグ結合容器
自体密閉容器
透視ガラス圧力容器
Quick Closure圧力容器
超臨界抽出システム
超臨界ナノ粒子製造
超臨界発泡システム
超臨界脱脂システム
超臨界乾燥システム
超臨界水熱合成
超臨界水酸化
Cold Isostatic Press
Warm Isostatic Press
Hot Isostatic Press
Food Isostatic Press
油圧プレス
Hot Press
Work Press
ホモジェナイザー
外圧試験機
耐圧試験機
破裂/疲労試験機
引張応力腐食試験機
SSRT(Slow Strain Rate Test)
SERT(Slow Extension Rate Test)
LOOP
HDT(Hydrogen Damage Test)
CTRS(Corrosion Test Reactor System)
CEDM(Control Element Drive Mechanism)
 
255, Techno 2-ro, Yuseong-gu, Daejeon, Korea (Daedeok Techno Valley)           Tel +82-42-931-6100       Fax +82-42-935-6103          sales@suflux.com
ILSHINAUTOCLAVE CO., LTD.       Copyright(c) 2013 All rights reserved
 
日新オートクレーブ | Autoclave | Autoclave Binding Touch Pannel | Nano Disperser | Supercritical Fluid Extraction | Supercritical Hydrothermal Synthesis | Isostatic Press
Home | Sitemap